Norman Polk

毎日同じ変なことが起こる
―Chapter 2のラジオ音声

概要

Norman Polk(ノーマン・ポーク)はラジオの語り手の一人です。


解説

HenryやJoeyの同僚の男性と思われ、プロジェクターを所持していたことから
映像関係を担当していた映写技師だったようです。
Sammy Lawrenceの奇行を怪訝に思っており、Joeyに相談しようと考えていたようですが、
Joeyもまた変わった人物であるとも思っていたようです。
社内の暗部を探ることを好んでおり、同僚たちからはトラブルメーカーだと思われていたようです。

彼も、後にインクの影響を受けて変わってしまった可能性があります。


登場

Chapter 1

登場しません。

Chapter 2

Chapter 2のラジオのうちの一つで確認することができます。
演奏室のプロジェクターは彼のものだったようです。
なおこのラジオの音声はSammyの聖域についてのちょっとしたヒントにもなっています。
(わからなくともなんとなく察しがつく程度ではあります)

Chapter 3

終盤に彼の音声ログを発見することができます。
また、彼と思われるモンスターとも遭遇することができます。

Chapter4


Chapter5


セリフ集

Chapter 2

【プロジェクターのそばのラジオ】


Chapter 3

【Inky Abyssのラジオ】


Chapter4


Chapter5


トリビア

  • 彼の声はゲーム作者theMeatly氏が担当しています。

コメントフォーム



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2018-12-08 12:57:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード